webfeelfree

Windows8.1でスリープ復帰後のパスワード入力を省略する設定

img_20140626
少し前まで、こまめにパソコンの電源を落とす派でしたが、最近になって、スリープ機能を使うようになり、パソコンの電源は1日一回落とす程度になりました。

また省エネ対策で、少し席を離れる時は、自動的にスリープになるように設定しています。

Windows8になってから、デフォルト設定だとスリープ状態から復帰するとパスワードの入力を求められる、とても煩わしい設定となりました。

ということで、少しでもストレス軽減になるように、その解除方法を調べてみたので、メモってみようと思います。

今回の方法は、「Windows8.1を起動したときのログインパスワードの入力を省略する方法」と同じパスワード入力画面が開くのですが、設定の方法は、別になります。
面倒ですね~。。。

また、これはお決まりになりますが、複数人でパソコンを使用している人や外部でパソコンを使用する人など、第3者がパソコンを使える環境にある場合、パソコンのセキュリティが低下してしまう恐れがあるので、設定には気をつけてください。

この方法はWindows8は、もちろんこと、Windows7でも設定方法が似ていますので、解除したいとき、その逆でパスワード入力を再設定したいときも参考にしてみてください。

コントロールパネルを表示する

まずは、コントロールパネルを表示する方法。
この記事に限らず、コントロールパネルを表示する機会は多いと思うので、要チェックです。

っとその前に、管理者権限のあるアカウントでログインします。
たぶん、特殊な環境でない限り、管理者権限をもったアカウントでログインしていると思いますので、今回は割愛します。

デスクトップ画面

タイル画面、または、デスクトップ画面の左下に表示される【Windowsロゴマーク】を右クリックします。

タイル画面の場合
・キーボードの【Windowsロゴ(田)】キーを押しながら【T】キーを押す
・マウスの時は、ポインタを左下に持っていく
とタスクバー(Windowsロゴマーク)が表示されます。

タッチディスプレイの場合、右クリックは「画面を長押ししてから離す」動作が、ソレ相当になります。

コンテキストメニュー

メニューが表示されるので【コントロールパネル】を選択します。

パスワード設定画面を表示する

そうすると、コントロールパネルが表示されます。

コントロールパネル

コントロールパネルが表示されたら【システムとセキュリティ】を選択します。

システムとセキュリティ一覧

次に、表示された画面の【スリープ解除時のパスワードの要求】を選択します。

パスワード設定を解除する

今回の記事のメイン画面が開きます。

システム設定画面

【現在利用可能ではない設定を変更します】を選択します。

選択すると、この文章は非表示になります。

パスワード設定手順

上の【現在利用可能ではない設定を変更します】を選択すると・・・。

「スリープ解除時のパスワード保護」が選択できるようになります。

ここで【パスワードを必要としない】を選択します。

最後に【変更の保存】を選択して完了です。

パスワード入力を再設定する場合には、【パスワードを必要とする(推奨)】を選択しましょう。

あとは開いているウィンドウを、いつも通り【×】で閉じていきます。

あとがき

スリープ機能の活用は、節電にもなるし、パソコンの寿命にもつながると思います。
また、起動時間の短縮にもつながるので、時短効果もありますね~。

ぜひ、有効活用してみてください!って、なんだかスリープ推進の〆になってしまいました。
それでは、楽しいパソコンライフを♪

最新記事

読まれている記事

ツイッター

カテゴリー