webfeelfree

Googleに登録されない?ウェブマスターツールを使って検索エンジンを迎えに行こう!

  • WEB

手をつなぐ
ブログ更新してますか?サイト更新楽しんでますか?

せっかく書いた記事なら、早く多くの人に読んでもらいたいものです。
旬の話題、特にその日の話題だったら、余計にそうですよね!

サイトやブログを始めたばかりだと、SNSの整備も整っていないと思いますし、検索エンジンからの集客は、非常に重要なことだと思います。

今回は、Googleウェブマスターツールを使って、なるだけ早く、公開した記事をGoogleに登録(クロール)してもらうためのメモになります。

公開した記事Googleに表示されてますか?

ということで、記事やページがGoogleに登録されているか確認してみましょう。

Google検索画面

一番、簡単な方法は、公開した記事のURLを使った検索。

記事タイトルで検索する方法もありますが、その方法だと、まとめサイトやニュースサイトなどが、表示される場合があります。
拾われるサイトは、主に大手サイトだと思いますが・・・。

なので、記事のURLで検索した方が確実ではないかと思います。

Googleに登録されるようリクエストを送信する

さて、登録されていないことが確認できたら、Google検索ロボットにきてもらうようリクエストの送信をします。

あっ、その前にGoogleウェブマスターツールへのサイト登録が必要です。
サイトを運営している方々は、SEO対策やら何やらで、Googleウェブマスターツールに登録していると思うので、登録は割愛します。ごめんなさい。

Googleウェブマスターツール

Googleウェブマスターツールの管理画面に移動したら【クロール】→【Fatch as Google】と選択していきます。

Googleウェブマスターツールリクエスト画面

※時代によって管理画面のデザインが違う場合があります。

リクエスト送信画面が表示されたら、Googleに登録されたい記事のURLを入力します。

この時、気をつけたい事は、ドメイン名以下のURLを入力することです。
ブラウザのURLをコピペして、そのまま入力・送信してしまうと、すぐには登録されません。
せっかちな私は、案の定、それをやってしまいました。。。

URLを入力したら【取得】ボタンを選択します。

Googleウェブマスターツールリクエスト画面

先ほど入力したURLが追加されて、【保留】表示されたのち、【インデックスに送信】ボタンが表示されます。

表示されたら【インデックスに送信】ボタンを選択します。

Googleウェブマスターツールリクエスト送信方法の選択画面 width=

【このURLのみをクロールする】を選んで、【OK】ボタンを選択します。

記事の中に、沢山のリンクを貼っているようなら【このURLと直接リンクをクロールする】を選択したほうがいいかもしれません。

大体は、【このURLのみをクロールする】で大丈夫かと思います。

【このURLのみをクロールする】は毎週500件、【このURLと直接リンクをクロールする】は毎週10件までリクエスト送信することができます。

確認とエラーと注意と・・・

Googleウェブマスターツールリクエスト送信完了メッセージ

【リクエストが受信されました。まもなく処理されます。】というメッセージが表示されれば完了です。

Google検索画面

リクエスト送信が無事に完了したら、記事のURLを使って検索・確認してみましょう。

また、リクエスト送信が完了していて、Googleに表示されない場合は、時間をおいてから検索してみてください。

Googleウェブマスターツールリクエスト送信エラーメッセージ

もし、メッセージに【リクエストの処理中にエラーが発生しました。】と表示されたら、【インデックスに送信】ボタンを押して、やり直します。

数回、試してみて上手く送信されない場合は、時間をおいてから送信した方がいいかもしれません。
強引に送信しまくるのは、スパム行為などで、危険な気がします。

あと、注意点になりますが、あくまでGoogleに登録してもらえるようにお願いする機能なので、かならず登録される保証があるというわけでもありません。

また、送信・登録が完了した直後に、タイトルや記事の内容を変更して、再度リクエスト送信してもすぐには反映されないようです。
なので、リクエスト送信するときは、少し注意しましょう。

あとがき

今回の記事は、Googleの上位に表示されるための記事ではありません。

このFetch as Googleという機能は

ウェブマスターがサイトのクロールに関する潜在的な問題をトラブルシューティングするためのツール

ということです。

上手く登録されない場合は、いい機会だと思って、サイトや記事のコーティング・構成を見直してみたりするのもいいかもしれませんね。

せっかくあるツールなので、清く正しく有効に使いましょう。

参考
Fetch as Google – ウェブマスター ツール ヘルプ

最新記事

読まれている記事

ツイッター

カテゴリー