webfeelfree

Windows10対応!Windows8.1での拡張子の表示と非表示の方法とその理由

img_2014092904
拡張子は、Windowsにも、Macにも、Androidにも、必要で大切な概念です。

拡張子の表示・非表示の方法は、もちろんのこと、拡張子の役割やメリット的なこと、デメリット的なことを挙げてみようと思います。

Windows8、メインですが、Windows7にも対応しています。

拡張子って何?

Windows98以降、Windowsのデフォルト設定では、「拡張子」が表示されていません。
なので、拡張子?ん?んっ?と馴染みのない人も多いかと思います。

画像ファイルだとジェーペグ(jpg)ファイル、音楽だとMP3ファイルというような表現だと、聞いたことのある人もいるかと・・・。

拡張子の表示例

拡張子は、ファイル名の後ろ「.(ピリオド)」から始まる英数字のことを言います。

Windowsでは、ファイル名に「.(ピリオド)」が入った場合、一番最後の「.」から後ろの文字列が、拡張子として扱われることが一般的のようです。

demo01.mp3.zip 

上の例だと、「.zip」が拡張子として識別されます。

もちろん、拡張子が非表示設定の場合、ファイル名に「.文字列」を入れたとしても、拡張子としては扱われません。

拡張子があることによって、ファイルの種類が識別でき、どのソフトやアプリケーションと関連付けされているか、判別することができます。

なので、ファイルを開くためのソフトを判別するのに用いられるということです。

補足な感じですが、先ほどの画像では、ファイル名を一緒にしてみました。
ファイル名が同じでも、拡張子が違うので、同じファイル名として扱われないので、上書きされません。

拡張子を表示していいことあるの?

ウイルスやセキュリティ関連の記事を見ると、身に覚えのない「.exe」ファイルは実行しないこと、なんて紹介されている記事を見たことがあると思います。
「.exe」っていう拡張子が見えてないと「.exe」って何?どれ?ってなりますよね?

例えば・・・

demo01.txt.exe

というファイルがあったとします。
この時の拡張子は「.exe」になります。

拡張子が、非表示の設定となっている場合、実際の表示は「demo01.txt」と表示され、一見、テキストファイル??と、思ってしまうかもしれません。
引っ掛けた感じ思われますが、これが罠で、実際に、実行してしまって、ウイルスに感染!という例もあるようです。

セキュリティの自己防衛も含めて、拡張子を表示することや、拡張子のことを知っておいて、損はないと思います。

あと、Webサイトを、ゼロから作るときなどに、拡張子の変更が必要となってきます。
例えば「.txt」を「.html」や「.css」に書きかえなければなりません。
これは、途中で思いつきました。。。

デフォルトでは表示されない理由

Windowsのデフォルト設定では、「拡張子」が表示されない設定と書きました。

拡張子を表示するデメリットは、間違って消してしまうと、ファイルが開けなくなってしまうということです。

拡張子を消してしまったり、変更してしまうと、ソフトやアプリケーションとの関連付けがなくなり、ファイルを正しく開けなくなってしまいます。

ですが、間違って消してしまった時には、消してしまった拡張子を憶えていれば、大丈夫です!
焦らずに、消してしまった拡張子を打ち込んで元に戻しましょう。

ということで、間違って消してしまうことを防止するために、デフォルトでは、拡張子が表示されない設定となっているのだと思われます。

拡張子を表示する設定画面を開く

さて、ここからが、メインです。
拡張子の表示、非表示の設定は、非常に簡単です!

フォルダを開いて設定画面を開く図解

まず適当に、フォルダを開きます。

メニューバーの【表示】を選択します。
もし、メニューバーが表示されていない場合は、【Alt】キーを押すと表示される場合があります。

次に【オプション】のアイコンが表示されるので、選択します。

Windows7の場合は、フォルダを開いた後、【ツール】→【フォルダーオプション】と選択していきます。
メニューバーに【ツール】が表示されていない場合、同じく【Alt】キーを押すと表示されます。

拡張子を表示する設定

フォルダーオプションのウインドウが開きます。

フォルダーオプションウインドウの拡張子表示設定の図解

【表示】タブを選択します。

詳細設定の終盤に「登録されている拡張子は表示しない」があるので、そこのチェックを外します。

チェックを外したら、【OK】ボタンを選択します。

これで、拡張子が表示されます。

もし、逆に拡張子を表示したくない場合は、「登録されている拡張子は表示しない」のところにチェックを入れます。

あとがき

私は、パソコンを新しく買ったときや、Windows入れ替えなどのメンテナンスをしたときには、必ず、拡張子を表示する設定にしていますね。

最近、発表されたWindows10の表示の設定も、たぶん似たような感じになると思います。
ただ、デフォルト設定で、最初から、拡張子が表示される設定になるのか?は、気になるところです。

タイトル変更しました(2015.10.03)

最近、流行りのWindows10を導入しました。
照らし合わせてみた結果、ほとんど操作が同じようなので、少しタイトルを変更してみました。
タイトルだけの変更で、内容は変わっておりません。

ぜひ、参考にしてみてください♪

最新記事

読まれている記事

ツイッター

カテゴリー